よもぎ蒸し ☓ 陣痛

温活☓よもぎ蒸し
     click
妊活☓よもぎ蒸し
     click
妊婦☓よもぎ蒸し
     click
出産☓よもぎ蒸し
     click


子宮熟化によもぎ蒸し。陣痛付けによもぎ蒸し

予定日が近づいたら!予定日超過してしまったら! 

陣痛待ちの日々の妊婦さんへ

陣痛が来ない、陣痛を起こすためにどうしたら良いか

そんな時こそ、しっかりゆるむことは大切です。

【陣痛を起こすにはこれがおすすめ】という対策をすることは

妊婦さん自身が頑張って取り組むものが多いです。

でも、リラックスしてゆるむことが

最後はとっても大事なんです。

よもぎ蒸しでリラックスしにお越しください。

妊婦さんにとって、特に予定日近くの全ての妊婦さんに

よもぎ蒸しがおすすめな理由を書いておきますね。

予定日が近づいたら

37週以降、いつ生まれても良い時期(正期産)に入ります。


胎盤の機能や胎児の大きさとしては

38週から39週にかけてのお産が最も理想的という声もあります。

(※個々人の状況に寄りますので、これがすべてではありません)


出産に向けては骨盤内血流をしっかりと保ち

気持的にはリラックスすることが最も重要です。

具体的には子宮頸管熟化という事が必要です。

つまり産道を柔らかくすること。

妊娠中は赤ちゃんをしっかりお腹に入れておくために

子宮頚管部分は硬く閉まっています。

お産時にはその子宮頚管部が軟らかくならないと

赤ちゃんはスムーズに降りて来ず、

あまりにも硬すぎると分娩に支障を来すことになりかねません。


予定日近くの検診で

『まだまだ全然開いてないね。降りてきてないね。硬いね。』

と言われる時は、この子宮頚管部がまだ硬いということですね。

一般に初産ではやはり硬く

そのため裂傷が起きやすかったりするのですが、

これは初産だからと言うよりも、体質もかなり大きく影響します!

また年齢的な要素も関係します。

子宮も筋肉組織であることから筋肉や結合組織の伸縮性が低下するためです。

逆に言えば、『若いほどにお産は上手』というのはこれが関係するのです。

さっぱり開かない、柔らかくなっていない、まるで【鉄の子宮口だ!】とばかりに

予定日近くでも全く気配がない方は増えています。

少しでも子宮頸管熟化=軟らかくするのために

骨盤内血流を良くするよもぎ蒸しをオススメします。

よもぎ蒸しでは、その香りも手伝いリラックス効果もありますのでこの時期にもってこいです。
 

予定日を越えてしまったら

予定日超過の心理的な不安は、経験した妊婦さんにしかわからないでしょう。
多くの人がだいたい予定日には生まれていると想像し

そういった予定を組んでいるものです。
 

予定日を2,3日過ぎた頃から、『もう生まれた?』

という周囲からの問いかけにナイーブになり、

毎日朝を迎えたときにため息が出て、

食材のない冷蔵庫を見ては途方に暮れ、

予定を入れていない空白の1日に戸惑う・・・。

そんな毎日を繰り返すのが予定日超過の日々。


そんな時こそ是非よもぎ蒸しにお越しください。

子宮頸管熟化の目的だけでなく気持の解放になります。

又出産のための色々な方法をアドバイスできるスタッフもいます。

なかなか生まれないときに、病院では促進剤を使うという段取りになることでしょう。

しかし、間違ってはいけないのが、促進剤を使えばすぐに生まれるわけではないのです。

促進剤の効き方も個体差がすごくあります。
促進したけど結局乗り切れず、仕切り直して、2日かかりという方もいれば

促進するやいなやスゴイ勢いで生まれてきたという方もいます。

体の状況によって会陰を切るか切らないで良いのか、

切ってもちょっとなのかたくさんなのか、

はたまたかなり裂けてしまうのか。


たとえ病院で促進することになっても、

少しでも熟化が進んでいれば、お産は楽に進行します。

よもぎ蒸しでお産に向けて下準備をするためにも、

お産本番にこそ大事な、ゆるんでリラックスするためにも

予定日超過の日々をよもぎ蒸しに通うことはかなり有益です。

妊婦さん応援!特別メニュー

妊娠38週以降の妊婦さん
 よもぎ蒸し1回2,100円(30%引き)
予定日ちょうどの妊婦さん
 2,000円(35%引き)
予定日超過した妊婦さん
 1,800円(40%引き)

※妊婦さん特別メニュー利用に当って必ず母子手帳をお持ちください。
初めてのよもぎ蒸し前に軽い体調のチェックを行なわせていただきます。

妊婦さんへのよもぎ蒸しについて

当店では、マタニティ分野専門の勉強をする鍼灸師が経営するお店です。

東京にてマタニティ鍼灸の研修を受け、お産の現場にも立ち会い、

年間100人ほどの妊婦さんのケア(安産ケア・つわり・逆子・坐骨神経痛・陣痛付け)に関わり、

日々知識と技術の研磨をしております。


又、治療人としてだけでなく

オーナー平沼公代の出産経験をもとに

妊婦さんにとって何が必要か等を考慮して寄り添うケアを行っています。

■オーナーの出産経験 

第1子、予定日13日超過→緊急搬送→緊急帝王切開。

第2子、予定日10日超過→VBAC出産

第3子、予定日ちょうどにVBAC出産

※VBAC:帝王切開の経験者が産道から経膣分娩すること

オーナーの出産に関してのブログ記事 >>

疑問や質問等がございましたら事前になんでもご相談ください。