アトピー講座

蒸しりんご人気講座
みなさまから要望の多い講座です不定期開催しています

子供アトピー講座

鍼灸師の平沼です。

私の娘が幼少期の約3年間

アトピーを患った、あの母としての経験と学びをもとに

子供のアトピーに思い悩むママさんのために

アトピー講座を開いています。

夜中に汁まみれ、血まみれになるまで掻きむしる娘を前に 
孤独な夜を何度過ごしたことか。

だからこそ共有し前進する場を。 
 

今すぐ目の前の我が子の症状を治したい!

そのジュクジュクを

その血まみれを

治したい!

健やかな眠りをあたえたい!

と、切望し

あれが効く、これが効くの

情報に無我夢中に手を出しては

落胆していく

消耗していく

耳にする情報に流されないためにもやっぱり

ある程度のアトピーの仕組み

体の仕組みを知ることは大切なんです。

でも一方で、知識をいれただけでは治らないのもまた真実。

それに、難しすぎたら知識も入ってこない。

子どものお手当をするには一体何が良いのか?

ただ、アトピーはやはり簡単ではないです。

それは治療人としても感じていましたが

実際に我が子のアトピーケアの経験からも

簡単ではないと実感しました。

アトピーのことを大量にブログで発信し

色んな方からのお声もいただいていた頃

なんとか講座を開きたいなと思っていたのですが

過激、過剰な言葉を使ったり

過度な期待、あるいは過度な不安を煽ったり

マーケティングの論法で

心理や感情を揺さぶるような言葉で

人集めをしたいとは思っていません。

これだけで治る!と言う文言は

確かに、アトピーの程度や状況個体差によって

治る!人もいるかもしれませんが

それはごく少数の限定条件の人でしょう。

アトピーには多面的なアプローチが必要です。

つらい子どもの症状を見ていると

すぐに治る!というような結果を求めてしまいます。

だから、あれもこれもとすがってしまいます。

そんな心理に匠に響く言葉が

ネット上にはたくさんならんでいます。

もしかしたら、今度は合うかもしれない。

私、我が子には当てはまるかもしれない。と

私は、娘のアトピーがほぼ治るまで3年かかりました。

彼女の幼稚園時代はアトピー時代と言ってもいいかもしれません。

性急な結果を求め

迷走した一年目。

冷静に思考錯誤した2年目。

確信を持って落ち着いてケアした3年目。

3年は決して長かったとは

今は思いません.

逆に、何か1つのもので

簡単に治ってしまわなくてよかったと思っています。

アトピーは、特に子どものアトピーは

治ります。

いつもの生活の中で発症したものは

いつもの生活の中に改善策がたくさんあります。

これが治る!というものに

やみくもに、願掛けのように手を出すよりも

着実に体のことを学び

着実な家庭で出来るケアをする

そうしていつもの生活が変わっていく

一見長い道のりのようで

それが一番の近道だったりします。

家庭でケアできる

たくさんのケア療法があります。

ぜひ自分の知識とケアと感覚で

お子さんを改善に導いてほしいと思います。

アトピーの子どものケア。

治らない肌荒れが続く子どもを前に

適切なケアをする方法をお伝えする内容になります。

ですので、【アトピー】という視点に絡めて

体の仕組みを学ぶことと

食べるものの影響や

免疫の要である腸内細菌のこと

そうした知識をふまえた上で

実際にどういう実践をしたらいいのかの

ケア療法を学ぶこと

客観的な知識と

具体的にその日から出来ること

そういった内容で組み立てます。

一体、肌のケアのために

何をしたらいいのか。

まずは殺菌?

消毒するなら何で?

いやいや、皮膚常在菌の活性化?

バリア機能の保護?

ワセリン?

シア脂?

馬油?

それともオイル?

オイルだとしたらどれ?

どのくらいの期間?

こういう一連のことをお伝えしたいなと思っています。

以下の内容が含まれます.

具体的な対策の焦点は・・・

入浴

肌ケア(塗るもの)

生活環境

微生物

おすすめグッズ

家庭療法

メンタル(呼吸とかリラックスとかも)

知識としては・・・

アトピーとは

社会での認識、取り巻く状況

病院ケアとステロイド

遺伝と環境要因

食とアレルギー

エネルギー代謝

肌の仕組み肌のバリア機能

汗をかくことの意義

自律神経(交感神経副交感神経)

悪化要因

かゆみ

原因とメンタルとストレスも

免疫、毒出し

呼吸とミトコンドリア

おわらない炎症

睡眠 運動

腸内環境

リーキー?

人体常在菌

周波数

体は全て自然

治るように出来ている

ざっと今書いただけで

こういう内容を含んでいます。

情報量多いです。

必要な方に届きますように。

参考までに・・・

ブログにアトピーの記事をたくさん(うんざりするほど!)書いています。

ご参考までにどうぞ

蒸しりんごブログアトピー記事一覧ページ

講座のお申込・お問い合わせは・・・

  092-595-8181(よもぎ蒸しカフェ蒸しりんご)
   予約フォームは コチラ